『IRON MAN』

SEGAの制作だし、アイアンマン好きとしては、まあ文句のない出来と言えます。

とにかくあの広大なマップで!アイアンマン挙動で飛行し浮遊して、バトルができるだけでもぉ幸せ一杯だったりします。

 広大な3D空間を人間の身で!自由自在に飛び回る!この快感をゲームで味わえる日が来たのだなぁ、と真面目に感心します。技術的にはんなことできてもそれに意味を持たせるに値するストーリーがアイアンマン!なわけで..スーパーマンではない独特の浮遊感と自由度と不自由度が実に楽しい。アフターバーナーの加速度もいい感じ。

グラフィックは発売当時でも第一線級とはいえないものの、アイアンマン自体の造形は充分の見応え..

操縦システムや強化の流れも理に適っており、シンプルながら凝ろうと思えば凝れる高い完成度に納まっています。

ストーリーは..あってないがごときですが、映画の情報を沢山ブチ込んでいるので雰囲気は出ていますね。

おまけの歴代アーマー登場は、純粋に嬉しかったです。歴代アーマーもそれぞれなりの特徴で強化できてもよかった気もするけど。

一番感心するのが、「個々の物体のサイズ」ですかね..豆粒みたいな敵をリパルサーレイでボコにしたりしていても、近づくとデカいヘリだったり..ラスボスのアイアンモンガーでさえも、まともに戦うと豆粒な縮尺のリアリティ(笑) 真面目に地上に降りて走ると滅茶苦茶に広いマップだったりするしなぁ..

無敵モードとかがあればその縮尺や細部のマジメさに感心できるのかもしれない..